上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拾った時はまったく気がつかなかった・・・というか、つい最近までほんとにぜんぜん気がつかなかったのだが、前回紹介したゴミ小屋の屋根の苔には、どうやらもともと住んでいた小さな生き物がたくさんいたらしい。

最初に気がついたのは2,3日前。霧吹きで水をシュッシュとかけていたら、いきなりその視界になにやら小さな小さな赤いものがカシャカシャカシャ~とうごめいているのが飛び込んできた。

え?!なに?今の??

一瞬ひどく驚いてその霧吹きの手がとまってしまったら、あれ?赤いものも特にみあたらない。

ん~?なんだったんだ~?
と、また霧吹き再開したら、

カシャカシャカシャカシャ~

うっわー・・・?!なにこれーっ?!?!

しかもよくみれば一匹、二匹じゃない。かなりの数の赤い生き物が、突然の“大雨”にパニクッているのである。

思わずゲゲー、ムシわいた~っとその苔をさっさと捨てたくなってしまった。・・・が、それをひとまず、ちょいとこらえて、まずは検索、その生き物がなにものなのか調べてみることにした。

red tick
Copyright ©平家蟹(花盗人の花日記)2007 All Rights Reserved

苔 赤いムシ ・・・

この生き物の正体はどうやらタカラダニというダニの一種らしい。
5~7月に発生。苔にもよく出没するとのこと。そして特に人に害があるわけでもないらしい。さらには、ほっておけばそのうちいなくなってしまう・・・らしい・・・。

・・・う~ん、なるほど・・・。

とりあえず、今はこのまま様子をみることにした。
苔のあるところが大好きみたいで、そこから外にでていったりもしなさそうだし・・・な~んていって、気がついたら家じゅう真っ赤っかがうじゃうじゃどうしようもない事態になっちゃったらどうしようっ(@_@;)

ま、その時は、その時ということで(*^_^*)
スポンサーサイト
義理の父はスウェーデンの北のほうに住んでいて(ちなみに私たちの住んでいるのは南のほとんど先端のほうで、その間の距離は約933km*)、もう何年もあっていない。が、最近ふとした折に電話で話をしたら最近ボート作りにハマっているという。前から自家製のリキュールを仕込んでいたり、湖畔にサマーハウスを自分で建てたり、いろんなことをするおもしろい人だったが、今度はボート!すごいなぁ!
しかも電話をした日、ちょうどそのボート作りがほとんど完成で、その翌日あたりに湖で処女航海(!)、そしてそれが地域のテレビニュースでとりあげられたという。
さっそくネットでそのひとこまを検索。そしたらあったあった♪
(注:最初の15秒くらいCMがあります)



ファルファル(Farfar:スウェーデン語でお父さんのお父さん、つまりおじいちゃんの意)スタッファン、うれしそう!(最初のボートを湖に下ろす場面で右端にいる白ひげのおじいさんです☆)

息子は小さい頃に1回2回会っただけでほとんど覚えていないし、娘にいたっては生まれてから一度も会ったことのないファルファル。今年の夏は久しぶりにスウェーデンにいるし、みんなで遊びに行ってボートに乗せてもらおうっと♪




*参照サイト:http://www.lundberg-lagerstedt.se/distance/
最近、家の外で苔の玉を拾った。コロンとしててとてもかわいかったので家で育ててみることにした。適当なマグカップに入れて、水はけはよい方がいいらしいので下に小石を敷いて・・・

moss and sedum

ちょっとした盆栽みたい♡とうれしくなった。

と、翌日。同じ場所でさらにいくつかの苔の塊を発見。
んん~?いったいどこからこんなにポロポロと苔がやってくるんだ・・・?!と、考えてみたらなんのことはない、落ちていた場所のすぐ目の前にその苔を一面に生やしているゴミ小屋の屋根があることに気がついた。

sopstugan

そうそう。そういえば、確かこの南スウェーデンの一都市、マルメ市が数年ほど前から緑の屋根プロジェクト♪みたいなのを始めていたんだった。
町のあちこちにこういった緑というか、レンガ色の"グリーンルーフ"が出現している。
こういうことが盛んになってきたことはなんとなく知っていたけれど、それが実際どういうことなのか、よく知らないままだったので、いい機会だと思いちょっと調べてみた。

要約するとだいたいこんなことのようだ。

まず、こういった屋根に使われる植物は大きく分けて2種類。コケ植物と、肉厚の葉が特徴のマンネングサ属である。

そしてその意義とは・・・

①騒音防止 ***** コケや他の緑が音を吸収?!防音によく使われるスポンジのようなものと同じ働きをするのである。(だから層は厚ければ厚いほど効果大)

②断熱防寒効果 ***** 下の建物の中の気温をより均一に?!それによって暖冷房などに費やすエネルギーを節約することができるエコ。

③☆空気清浄☆ ***** やっぱり一番のポイントはこれに決まり?!空気中の有害な粒子などをうまくキャッチしてその辺の空気をきれいにしてくれるらしい。空気清浄機のフィルターと同じような役目をつとめるということである。そしてコケやマンネングサ属の植物も二酸化炭素を取り込み酸素を排出するという植物の基本活動ももちろんきちんと行う。よってグリーンルーフのあたりの空気中の二酸化炭素の量は減り、酸素の量は増えて、人間のような生物にとってはより生きやすい環境へとなっていくのである。

ふむ。いいじゃないですか♪

自分の住んでる町が、そういう取り組みを積極的に取り入れてる。

けっこう、うれしい(^^)v

参考サイト→Green roofs for a healthier urban environment

チコロへようこそ! %どうぞごゆっくり・・・


チコロ

Author:チコロ
なんとな~くなりゆきでスウェーデンに住みついてはや10年以上。ほんとは留学していたオーストラリアでイージーゴーイングにお気楽生活しているはずだったのに、おかしいなぁ・・?とか思いながらも、スウェーデン語覚えたり(まだまだ勉強中?!)、家具の修復作業のコースに通ってみたり(・・ってもうかれこれ5年以上前の話なんですが・・)、家であれこれ作ってみたり、保育士の資格を取ろうとしたけどやっぱあわないや・・とすぐ放り投げてしまったり・・・。そんな私の今までのゴチャゴチャまとまりのない生き方をなんとか明るい未来につなげていきたい!とこのサイトの開設に踏み切りました。
エコでクリエイティブでハッピーな毎日、そんな日々を楽しむのにちょっとヒントになるような、そんなブログにしていきたいと思っています。

Chihiro Omiya

Create your badge

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。