上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の始め、ひょんなことから小松菜の種が手に入った。
うちには庭もベランダもないけれど、鉢を窓際に置けばオッケー、オッケーとお気楽な調子で栽培開始。すぐにとてもかわいい芽が出て、とてもウキウキした。

sproutheart

ところが、芽が出たところまではよかったけれど、その後いっこうに大きくならない。4ヶ月もがんばったのに、はっきりいって、へろへろのもやしのような、貧弱なカイワレ大根のようにしか育たなかった。

first

いろんな人が、これは日の光が足りなかったんじゃない?!と教えてくれたので、次は芽が出てから、せっせと家の外に日光浴に出して、

sunbathing

もっと気合いを入れて育ててみた。するとすでに1ヶ月後・・・

mini

その差は歴然。健康そうな小松菜の苗♪みたいなところまでいいかんじに育ってくれた。

でも小さい鉢ではそこまでが限界だったようで、待てども待てどもちっともそれ以上立派な小松菜にはなりそうもない。(実は前回の4分の1しかまだ経っていなかったが、)しびれをきらして昨日収穫。他の野菜や肉と炒めて食べちゃった(^^ゞ

cooking now

前回の貧弱カイワレ大根風の時よりは存在感はあったけど、そしてその料理はおいしかったけど、肝心の小松菜の味とか風味とかちっともわからなかった~(T_T)

が、実はこの夏、郊外に畑を借りている友人が日本にずっと帰っているので、その間、その畑を少し手伝っている。こんなチャンスを逃す手はない。その畑の一角にちょこっと、”よかった菜”を育てさせてもらった。すると・・・

version field

びっくりびっくり!これがあの貧弱カイワレもどきと同じ種から育ったの~?!
ほんの数週間もたたないうちに、ものすご~く立派な小松菜!ってかんじの小松菜が収穫できたのである!
大地の恵み、ここ何週間か続いた惜しげのない太陽光線の効果、ここにあり!というかんじ!

・・・ただ、青ムシとかそういう類とはまたちょっと違った、黒くてピカピカしたような小さい虫がずいぶん好き放題食べ放題活躍していたようで、芽が出たときからかなり手の込んだレース模様があって、最終的に収穫時の小松菜の状態っていったらこんな・・・。

eatenup!

実際に食べてみるまでは、なんだか味もちょっとムシ臭く(ってどんなんだかはよくわからないけど・・)なっちゃってんじゃないの~?!とか内心思ってしまっていたけれど、いやいやなんのなんの。

おいしかったでーす♪(^^)v

komatsunadon

夏はまだもう少しなんとかいけそうだし、種は残っているし、今度はネットでも張って再挑戦してみようっと。
明日さっそく種を持って畑に、いってきま~す♪
スポンサーサイト
第二日目のモレボン祭り。前日よりも派手に、にぎやかになっていた。

drums
最初に出会ったパレードグループ

white people
白くてひらひら~っとした人々もいると思えば・・・

gyoro2
ギョロギョロッとした目をぐりぐりさせて、うねりあるく人もいる・・・

red woman
大人から・・・

children
子供まで、見応えたっぷり!

audience on a tree
そんなパレードを観ている人を観るのも楽しい♪

catgirls?

ちょっと寒かったけど、二日目も行ってみてよかった(^◇^)


昨日、今日と近所のモレボンという地域で毎年恒例のモレボン祭りが開催されている。この地域にはいわゆるalternativeな人々がたくさんいて、祭りも自作のアート販売、緑の勧め、いろんなジャンルのミュージシャンのステージなどなど、なかなかalternativeな雰囲気でいっぱいだ。

夕方、子供たちとその地域を散策してみた。

a street in M
こんなかんじの通りが地域に数本

mixer shop
その場でフルーツをミキサーにかけてジュースを作ってくれる店

fixa cykel corner
自転車を持っていくと、壊れているところをなおしてくれたり、ちゃっちゃっちゃっと好きな色にデコレーションしてくれるらしき店?!

korv
ウルグアイ風(?!)のソーセージにかぶりつく。後ろのオレンジの横断幕には英語とスウェーデン語で”人々のための”と書かれている。ちなみにこの通りは政治的な背景のありそうなテントがならんでいた・・・

relaxing corner
いつものグラフィッティも祭り用に少し芸術的に(?!)描きかえられていた。どこから集めてきたのか、古いソファーが地域のあちこちに置かれて人々はくつろぎモード満々。

うろうろみているだけでなかなか楽しい。

今日もまた行ってみよう・・・♪





昨日、息子と娘と三人で町をウロウロしていた時に、本屋さんで息子がある一冊の本に目をつけた。

front photo

かわいい表紙の小鳥に魅かれて一緒に手にとってみてみると、それはスウェーデンの鳥の図鑑で、しかもその一羽一羽の鳴き声が聞けるようになっている。

いくつか試しに聞いてみたら、これがなかなかいい音だし、その鳥たちの特徴をよくとらえているというか、声を知っている鳥の声を聞いてみると、おもしろいくらいに、あぁ!そうそう、これこれ♪ってわかって、うれしくなった。
それぞれの鳥のすてきな写真と、とてもきれいな挿絵があって、ビジュアル的にもすごくいい。
すぐにどうしてもほしくなってしまった。

・・と、息子も同じ気持ちだったらしく、
これ買ってよ~、買おうよ~!!と言いだした。

けど、かなり立派な図鑑で、値段もそう簡単に、じゃあ買おう!って即決するには微妙に高め。
どうしようかな~。すごくほしいけど、セールまで待つべきかな~・・・。

う~ん・・・・・・。

その間にも横では息子の買おうよコールがお経のように聞こえてくる。
買おうよ~、買おうよ~、買おうよ~・・・・・・。



そうだ、来月はちょうど息子の10歳の誕生日!これをお誕生日プレゼントってことにしよう♪

そうと決めたらすっきり。息子にもそういうことにしたらどうかと提案。DSのソフトがほしくてしょうがない息子は一瞬迷ったが、すぐに、いいよ、そうしよう!!とその提案を承認。

こうしてその図鑑は晴れて我が家にやってくることになったのであった。

さっそく全部の鳥の写真や絵をみながら声を聞く。
聞いたことある親しみ深い声、え~っ、なにこれー?!って笑えるような声、キツツキのトトトトトトッみたいな音まであって、何回聞いてもいいかんじだ。

・・・ってこんなに私も楽しんでるんだから、息子の誕生日にってこじつけたのはやっぱりちょっと無理あったかな・・(^^ゞ まぁ来月の誕生日までまだ間があるし、それまでゆっくり考えようっと(*^。^*)b

ほんとはここにその一部を紹介したかったけれど、どうしても画像をクリックしてサウンド聞ける!っていうふうにできなかったので、息子のホームページに新しいページを作ってみました。
スウェーデンの日常的な鳥の声二種類と、一つ、今まで一度も聞いたことないけど、すごくおもしろいとうちでは評判のEider(英語名)っていう鳥の声、よかったら一緒に楽しんでみませんか?

Lio's playroom*⇐クリックしてみてね♪

*ブラウザ環境によってサウンドを聞くと画面が真っ暗なところに移ってしまい、前のページにもどらなくてはどうにもこうにもならない場合があるようです。私の場合、Internet Explorerだとそういう面倒なことはなく左上に小さなサウンドプレーヤーが出てきて、別の音を聞きたいときは別の絵や写真をクリックすればうまくいったけど、Mozilla Firefoxで同じことをすると、画面がいちいち真っ暗になってしまい、先に行ったような操作を繰り返さなければだめでした(>_<)

チコロへようこそ! %どうぞごゆっくり・・・


チコロ

Author:チコロ
なんとな~くなりゆきでスウェーデンに住みついてはや10年以上。ほんとは留学していたオーストラリアでイージーゴーイングにお気楽生活しているはずだったのに、おかしいなぁ・・?とか思いながらも、スウェーデン語覚えたり(まだまだ勉強中?!)、家具の修復作業のコースに通ってみたり(・・ってもうかれこれ5年以上前の話なんですが・・)、家であれこれ作ってみたり、保育士の資格を取ろうとしたけどやっぱあわないや・・とすぐ放り投げてしまったり・・・。そんな私の今までのゴチャゴチャまとまりのない生き方をなんとか明るい未来につなげていきたい!とこのサイトの開設に踏み切りました。
エコでクリエイティブでハッピーな毎日、そんな日々を楽しむのにちょっとヒントになるような、そんなブログにしていきたいと思っています。

Chihiro Omiya

Create your badge

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。