上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の酢漬けたまご、漬け始めてからもう一週間以上経っている。外見に劇的な変化とかはみられないが、そろそろとりだしてみることにした。
卵を手にした最初の感想。
ほぉぉぉぉっ♪ぽにょぽにょー♥

さわり心地はちょっとザラザラした水風船?
まわりの殻がちょっとこすっただけでとれてくるのでちょっと水洗いしてみた。(背後の一言に注耳(?)!こどもの率直な感想です(^^ゞ)

[広告] VPS


この映像はリンゴ酢のたまごのほうだけど、もうひとつのほうも同じ感じで水洗いしたら殻がきれいにとれて・・・

result1

この通り!
左がリンゴ酢、右が酢酸水。もとが同じ卵だとは思えないこの違い。
なんかおもしろい!

そして、2つの卵を持っている両手、それぞれに同じようにに力を入れると・・・

result2

ぷにゅ~っ。なかなか弾力がある。
割れるとやだからそっと、テーブルの上2,3cmのところから落としてみると、リンゴ酢のほうは、ぼよよんっ、ぼよよんっとかわいくはずんだ。
じゃあ酢酸水のほうはどうかというと、ぼちょっというか、べちゃっというか、ただ落ちた。
よくよく触ってみると、リンゴ酢のほうは全体がぷにょぷにょなのに対し、酢酸水のほうは中の、おそらくキミの部分がごろごろ固くなっている。

2つのたまごがこんなに違うものになろうとは思ってもみなかったからすごく驚いたし、おもしろいと思った。このことはいずれいつか、なんでそうなったのか、是非調べてみたい・・とは思っているけど、・・・ま、それはまたいつか今度・・ということで・・・。

さてさて、この2つのたまご。こうなったまではいいけれど、これからいったいどうしよう?

実はこの前の記事を書いたとき、それを読んだ友達が、おぉ、偶然!私もちょうど同じようなことしてた!!とコメントをくれて、ちょっと調べてみたら、こういうことするのって酢卵とかいう健康食品みたいなものだって。

え~、そうだったのかぁー!!

・・・でも、そんなこと知らないでやってたから、冷蔵庫にもしまってなかったし、一週間以上経ってたし、通常の酢卵のようにそのまま生で飲んでみるっていうのはちょっと怖い。
ただでさえ、スウェーデンの生卵でおなか壊して大変だった!って聞いてたし、やっぱり生のまま味見してみるっていうのは、どうしてもその勇気がでてこなかった。

で、

boiling the eggs

ゆで卵にしてみることにした。
やっているとき、だんだん、もしかして殻がないから、例えば電子レンジでゆで卵作ろうとして大爆発!・・みたいなことになるってことは、ありえる??とかなんだかフワフワした不安にかられ、とりあえず家族のみんなには一時台所入室禁止令を出し、自分でも、もしいきなり、ボムッ!となっても、なんとか逃げられるように身構えて、成り行きを見守った。

・・・何もそんな恐ろしいことは起こりませんでした、はい。

そしてゆであがりはこんな感じ。

still soft

やっぱりぽにょぽにょ。

殻がないから、普通のゆで卵のように殻をむく必要はない。が、薄皮をとらなきゃ。

でもまず最初はちょっと串で刺してみることにした。

まずはリンゴ酢のほう。

one two three

私は写真を撮ることに神経を集中していてその場面を見逃したけど、串を刺した息子曰く、ぐぐぐっと刺していったら、突然、ピシッと皮がさけておもしろかったって。
あ~、ビデオに録っておけばよかったー!と、次の酢酸水のほうはビデオに録画してみた。
そしたら・・・

[広告] VPS


びっくりびっくり!!
お酢だか白身だか、その両方だかがこんなに勢いよく飛び出てくるとは・・・!
あやうく、すぐ横に無防備に置いてあったパソコンに、汁がどっちゃりかかってしまうところだった。くわばらくわばら・・(~_~;)

今回のこの実験もそろそろクライマックス(!?)
両方の薄皮を取り除いてみる。

boiled egg - apple vinegar

リンゴ酢のほうは、なんだかちょっと卵豆腐みたい。かなりおいしそう♪
ほんのちょ~っとだけ口に入れてみたら、

・・・(*_*; ・・・。

おいしくない。触感はフルフル、とてもいいんだけど、お味のほうが、お酢ーっ。
でも醤油をちょっとたらしたら、さっぱりけっこうイケるかも?(ただ腹痛を恐れた臆病者の私は、最初の一口でもうすでになんだか気持ち悪くなってきたような気もしてきて、それ以上その卵、食べられませんでした。orz)

気を取り直して(!?)、酢酸水漬けゆでたまごはどういうことになったかというと、

boiled egg - acetic acid

こんな感じ。薄皮がついていたときにゴロゴロしていたキミはやっぱりかなりしっかり固まってる。
もしかして、ゆでたりしなくてもこのキミはかなり固かったのかもなぁ・・。

そんなことを思いながら、串でキミを真っ二つにしてみたら、

quite hard inside

普通のゆで卵のキミみたい。
おそるおそるちょっとだけ口に入れてみたら、やっぱりほとんど普通のゆで卵のキミ。量が半端じゃなくちょ~っとだったせいか、キミのコクのせいか、お酢の味はさっきほど感じられなかった。

・・・と、まぁこんな感じで今回の酢卵実験終了。

なんなんじゃ??といってしまえばそれまでですが、実際やってみると、なかなか楽しめます☆
今度はちゃんと冷蔵庫保存しながら、最後には食べられる酢卵実験やりたいです。ちょっとお醤油たらしてね(^_-)-☆

あ、そうだそうだ!この実験の始めのテーマ、アブラカタブラ~と、たまごのキミをとりだそう!っていうの、これはどうやら失敗だったみたい。酢酸水のほうなんか、殻はとれてもまだ白く不透明なたまご色してたし、ちょっと中身が透けてみえてっぽかったリンゴ酢のほうだって、強い光にかざしてやっとその面影がぼ~んやりみえてるかも?ってくらいで。
やっぱりちゃんと酢酸使わないとだめなのかな?

きれいにたまごのキミが透けてみえるのみてみたかったけど、他のところでいろいろ楽しめてよかったです。

ここまで読んでくれてありがとう!<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

お酢で白身が透明になるんですね!
私も毎日顔にお酢を塗ってますが肌が明るくなってきたのは実は透明になってきてるってこと?!
面白い実験でしたー☆
息子(?)ちゃんの「くっさ!!」もナイスですd(^□^)|

Re: タイトルなし

へぇ~!顔にお酢っていいんですか?!それは衝撃ニュースだなぁ・・!
そういえば昔髪の毛洗った後にお湯で薄めたお酢をコンディショナー替わりに使っていたことがありました。それと似たような感覚なのかな?
やっぱり薄めて使うんですか?肌が明るくなってきたなんて、そりゃ魅力的!興味ありますっ!ちおりさんの手作り石鹸で顔洗った後、お酢をつける・・・。そんな手順でいいんでしょうか?なにか注意点は?あ、でも匂いはどうなのかな?お酢ってけっこう匂いきつくないですか?

動画の一言へのおほめの(?!)言葉、どうもありがとう♪
ただ、そう、実はあれは娘のほうの声でした~。図太くってちょっと微妙だったね?!(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chicollo.blog55.fc2.com/tb.php/9-908ccf3b

チコロへようこそ! %どうぞごゆっくり・・・


チコロ

Author:チコロ
なんとな~くなりゆきでスウェーデンに住みついてはや10年以上。ほんとは留学していたオーストラリアでイージーゴーイングにお気楽生活しているはずだったのに、おかしいなぁ・・?とか思いながらも、スウェーデン語覚えたり(まだまだ勉強中?!)、家具の修復作業のコースに通ってみたり(・・ってもうかれこれ5年以上前の話なんですが・・)、家であれこれ作ってみたり、保育士の資格を取ろうとしたけどやっぱあわないや・・とすぐ放り投げてしまったり・・・。そんな私の今までのゴチャゴチャまとまりのない生き方をなんとか明るい未来につなげていきたい!とこのサイトの開設に踏み切りました。
エコでクリエイティブでハッピーな毎日、そんな日々を楽しむのにちょっとヒントになるような、そんなブログにしていきたいと思っています。

Chihiro Omiya

Create your badge

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。